志摩自然学校

服装や持ち物

カヤック
夏バージョン:6月~9月が目安です

カヤック 夏バージョン

持ち物リスト
  1. 帽子/風が強い時もあるのでアゴ紐つきのものが好ましい
  2. 日焼け止め
  3. タオル
  4. 着替えの服
  5. 濡れてもいい靴(かかとが露出していないもの)
  6. 飲み物/熱中症対策の為、1人1本必須
  7. サングラス/照り返しに弱い方はどうぞ
  8. カメラ/防水、防水ケースに入れたもの(いずれも自己責任でお願いします)
  9. 酔い止めの薬/不安な方はご用意ください
  10. 水中眼鏡など/ご自由にどうぞ(天候により遊泳出来ないこともあります)
  • 足元は必ず濡れます。カヤックの乗り降りの際に、ひざ下まで海に入ります。お尻や手首、肩のあたりも量の多少にかかわらず濡れる箇所です。
  • 水着着用で乗る場合は、水着の上にTシャツを着用されることをお勧めします。
  • 持ち物に関しては、全て自己責任でお願いします。

カヤック
春・秋バージョン:10月~11月中旬・4月~5月が目安です

カヤック 春・秋バージョン

持ち物リスト
  1. 帽子/風が強い時もあるのでアゴ紐つきのものが好ましい
  2. 日焼け止め
  3. タオル
  4. 着替えの服
  5. 濡れてもいい靴(かかとが露出していないもの)もしくは長靴
  6. 飲み物/熱中症対策の為、1人1本必須
  7. サングラス/照り返しに弱い方はどうぞ
  8. カメラ/防水、防水ケースに入れたもの(いずれも自己責任でお願いします)
  9. 酔い止めの薬/不安な方はご用意ください
  10. ウィンドブレーカー(寒さ対策)
  • 足元は必ず濡れます。カヤックの乗り降りの際に、ひざ下まで海に入ります。お尻や手首、肩のあたりも量の多少にかかわらず濡れる箇所です。
  • カヤックに乗るときは、速乾性があり、濡れても保温力の低下しにくい最近の新素材でできたウェアーを着用されることをお勧めします。
  • この季節は、晴れ間の出具合や風の有無により服装もかなり左右されます。
    Tシャツで十分平気な時もあれば、ウィンドブレーカーなどがないと寒く感じるときもあります。両方ご用意いただき、状況に応じて選択されることをお勧めします。
  • 持ち物に関しては、全て自己責任でお願いします。

カヤック
冬バージョン:11月中旬~3月が目安です

カヤック 冬バージョン

持ち物リスト
  1. 帽子/耳までかぶれるニット帽など(ネックウォーマーもあると便利)
  2. 防水の手袋
  3. 防寒着/陸に上がって休憩時に着用
  4. タオル
  5. 着替えの服
  6. 濡れてもいい靴(長靴)
  7. 飲み物/1人1本が好ましい
  8. サングラス/照り返しに弱い方はどうぞ
  9. カメラ/防水、防水ケースに入れたもの(いづれも自己責任でお願いします)
  10. 酔い止めの薬/不安な方はご用意ください
  • 足元は必ず濡れます。お尻や手首、肩のあたりも量の多少にかかわらず濡れる箇所です。
  • シーカヤックのパドリングは、運動量があり冬だからと着込み過ぎると汗をかきます。
    着込み過ぎると動きづらくなります。ライフジャケットを着用しますので、若干薄めのフリースなどをインナーに、アウターには風をブロックできるレインウェア等を着用することをおすすめします。
    それとは別に、上陸休憩中に着用するダウンなど、保温性の高いウェアをお持ちください。
    重ね着で寒暖に対応できる服装をお考え下さい。
  • 持ち物に関しては、全て自己責任でお願いします。

ウォーターボール

ウォーターボール

持ち物リスト
  1. タオル
  2. 飲み物/ボールの中はとても暑いです
  • ボールからの出入りの際に洋服に海水が付くことがあります。
  • ボールの中はとても暑くなることがあります。夏期間の体験時は薄着がおススメです。

夏季限定(7月~8月)
SUP(スタンドアップパドルボード)

SUP(スタンドアップパドルボード)

持ち物リスト
  1. タオル
  2. 日焼け止め
  3. 着替えの服
  4. 濡れてもいい靴(かかとが露出してないもの)
  5. 飲み物/熱中症対策の為、1人1本必須
  • SUPから落ちる可能性がありますので、必ず全身濡れます。
  • 眼鏡使用者の方は、ソフトコンタクトレンズを使用するか、眼鏡バンドを着用して下さい。
  • クラゲ対策の為、なるべく肌の露出が少ない服装がおススメです。
  • 安全対策の為、ライフジャケット着用での体験になります。

夏季限定(7月~8月)
スノーケリング

スノーケリング

持ち物リスト
  1. タオル
  2. 日焼け止め
  3. 着替えの服
  4. 濡れてもいい靴(かかとが露出していないもの)
  5. 飲み物/熱中症対策の為、1人1本必須
  • 安全対策の為、ライフジャケット着用での体験になります。
  • 眼鏡使用者の方は、ソフトコンタクトレンズを使用するか、眼鏡バンドを着用して下さい。
  • クラゲ対策の為、肌の露出が少ない服装がおススメです。
  • スノーケルの使い方を学ぶ初心者向けのプログラムです。
    多種多様な海洋生物の観察には適していません。